福袋 【A1286】国鉄52系+70系スカ色飯田線4両セット マイクロエース-電車

組立額縁【展示用額縁】120号サイズ(F120、M120、P120) アフィックススタンダード 木目色 木目調 木目 額 額縁 ウッドブラック 黒 ノックダウン(組立前) 棹状 個展 横ビス キャンバス パネル 油絵 仮縁 額縁【3,000円以上送料無料】
【送料無料】模型車 モデルカー スポーツカーアルファロメオデルタアンドレッティデイトナスケールalfa romeo tipo 332 auto delta andretti daytona 1968 true scale 118 tsm151805r

福袋 【A1286】国鉄52系+70系スカ色飯田線4両セット マイクロエース-電車



マイクロエース A1286
国鉄52系+70系スカ色飯田線4両セット

鉄道省(のちの国鉄)では並行私鉄との競争が激化した1930年代に東海道線京阪神地区急行電車用に20m級2扉の電車を製造しました。両運転台車がモハ42、片運転台車がモハ43と呼ばれ、同一グループとしてサロハ46、クロハ59、クハ58なども製造されました。のちにこのモハ42系をベースとして高速化に対応した流線型のモハ52系が誕生しています。モハ52は当時世界的に流行していた流線形の前頭部を採用、ノーシル・ノーヘッダー・張上げ屋根の洗練された車体、側面下部にはスカートを備えるなど、非常に斬新な形態でした。モハ52系のうち最後に製造されたグループは取り扱い向上のために流線型を中止して半流線型の貫通型、張り上げ屋根の折衷形態で登場し、合いの子と呼ばれて多くのファンに親しまれました。1953(昭和28)年以降は片運転台車をクモハ43、電動機出力が増強された片運転台車をクモハ53、制御車をクハ47と呼ぶようになりました。これらの関西急電は1950年代から地方線区への転出が始まり、中でも飯田線には戦時中にドア増設改造を受けずに2扉のまま残った車両が多数集結し、3扉ロングシートとして登場したモハ40系をセミクロス化、出力を強化したクモハ54-100番台とコンビを組んだ編成も見られました。
・クモハ52002のボディを新規作成
・サハ75-100番台を新規追加
・サハ45を新規追加
画像はイメージです。

【 朧月白梅 宇崎洋山 尺五(A2-063) 】洛彩緞子本表装 掛け軸 かけじく 代引手数料無料 桐箱 日本土産 おみやげ お土産【楽ギフ_のし】